予防栄養医学研究室

室長  家 森 幸 男
(医学博士)
研 究 概 要 (1)生活習慣病の予知予防を目的としたヒト介入研究
(2)イソフラボン分析
(3)栄養摂取のバイオマーカーの分析
主なテーマ
高血圧等の生活習慣病の予知予防,新規栄養成分による生活習慣病危険因子の改善.
ヒトを対象とする臨床予防栄養学,食育の生活習慣病予防効果の立証.
研究事例
(1)老人施設入園高齢者におけるLC1乳酸菌の生活習慣病のリスク軽減効果及びQOL
    向上に対する検討

(2)生活習慣病モデルSHR/NDmcr-cp(cp/cp)ラットによる小麦のアリューロン
        の効果とメカニズムの検討

(3)食酢を食生活に取り入れる事による生活習慣の改善効果の調査研究

(4)「一日一膳」プロジェクト―毎日の昼食だけをWHO-

CARDIAC CARDIAC研究の成果を生かしたバランス食にすることにより生活習慣病

のリスク軽減を証明

論   文
(1)Mori M, Sagara M, Ikeda K, Miki T, Yamori Y. Soy

isoflavones improve bone metabolism in postmenopausal
Japanese women.  Clin Exp Pharmacol Physiol. 2004
Dec;31 Suppl 2:S44-6.


(2)Mori M, Aizawa T, Tokoro M, Miki T, Yamori Y. Soy

isoflavone tablets reduce osteoporosis risk factors
and obesity in middle-aged Japanese women.  Clin
Exp Pharmacol Physiol. 2004 Dec;31 Suppl 2:S39-41.


(3)Sagara M, Kanda T, NJelekera M, Teramoto T, Armitage

L, Birt N, Birt C, Yamori Y. Effects of dietary
intake of soy protein and isoflavones on
cardiovascular disease risk factors in high risk,middle-aged men in Scotland. 

J Am Coll Nutr.
2004 Feb;23(1):85-91.